宮城のニュース

<Miyagi1951>笑顔で握手 ありがとう 米軍医長男が石巻を訪問、当時被写体と対面

村田さんと秋子さんを訪ねたアランさん(中央)

 米軍医だった故ジョージ・バトラーさんが1951年に宮城県内各地で撮影した写真をウェブサイト「Miyagi 1951」に公開した長男アランさん(69)が22日、被写体となった石巻市月浦の村田敏雄さん(92)を訪問した。村田さんは「Fisherman(漁師)」と題したカラー写真に25歳の姿が収められている。
 カリフォルニア州から訪れたアランさんは村田さんと笑顔で握手を交わし、「長生きして訪問を待っていてくれてありがとう。写っている人に実際に会えて感動している」と話した。
 村田さんは「撮ってもらった記憶はないが、こんなことはめったにない。お礼申し上げる」と喜んだ。
 バトラーさんは集落の写真も残した。村田さんの長女秋子さん(67)は「51年当時の建物は東日本大震災の津波で流された。貴重な資料だ」と語った。
 アランさんたちは市内の住吉公園や中瀬地区、小渕浜地区なども歩き、写真の風景と見比べていた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月23日水曜日


先頭に戻る