福島のニュース

<福島第1原発事故>Jヴィレッジ新駅着工 福島復興、交流広がる玄関に

手前に駅舎が整備され、約20メートル下にホームができる。エレベーターやスロープも設けられる=福島県楢葉町の新駅予定地

 JR東日本は22日、サッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)近くに設ける常磐線の新駅の建設工事に着手した。東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったJヴィレッジが全面再開する2019年4月の開業に向け、工事を急ピッチで進める。
 新駅は広野−木戸(楢葉町)間で、Jヴィレッジから徒歩2分の広野、楢葉両町の境界に整備する。施設や周辺でのイベント開催時に限って営業する臨時駅となる。
 起工式でJR東の輿石逸樹水戸支社長は「多くの方に足を運んでもらい、復興の様子を見てもらえるよう取り組みたい」と述べた。
 新駅整備は昨年11月、周辺8町村でつくる双葉地方町村会と県が要望した。約15億円の整備費は町村会と県、JR東が約5億円ずつ負担する。
 町村会長の松本幸英楢葉町長は「新駅建設により、交流人口拡大と地域振興の中核拠点として、Jヴィレッジが震災前に増して重要で必要不可欠な施設になると期待する」と語った。
 Jヴィレッジは芝の張り替えや宿泊施設の整備が進んでおり、7月28日にグラウンド6面やスタジアムなど一部の使用を再開する。


2018年05月23日水曜日


先頭に戻る