福島のニュース

福島県職員がカメラ設置か 女性宅に侵入容疑で逮捕

 福島県相双地方振興局職員の安斎弘之容疑者(42)が女性宅に侵入したとして現行犯逮捕された事件で、女性宅からカメラが見つかっていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。女性の所有物ではなく、県警などは容疑者が盗撮目的で設置した可能性があるとみて調べている。
 逮捕容疑は18日午前8時5分ごろ、南相馬市の20代女性のアパートに侵入した疑い。女性は1人暮らしで、17日に女性から「留守中に部屋の物が動いている」と届け出があり、南相馬署が警戒していた。


関連ページ: 福島 社会

2018年05月23日水曜日


先頭に戻る