宮城のニュース

羊の毛刈り体験、衣替え 仙台・向山こども園

職人の手ほどきを受け、毛刈りを体験する園児ら

 仙台市太白区の認定向山こども園(281人)で22日、飼育している羊2匹の毛刈りが行われ、年長児88人が電動バリカンを手に「衣替え」に挑んだ。
 毛を刈られたのは、いずれもメスのメーメーちゃんとサニーちゃん。川崎町の毛刈り職人小嶋純子さん(40)の手ほどきで、体長約120センチの羊を横向きに寝かせて背中の毛を刈ると、園児たちは歓声を上げた。
 年長組の小野ほの葉ちゃん(5)は「羊の毛はふわふわしていて、触ると気持ち良かった。帰って家族に見せたい」と笑顔を見せた。
 羊は1匹あたり2〜3キロの毛が取れる。今回刈った羊毛は洗ってボールにしたり、ままごとなどの遊びに使ったりするという。
 木村創(はじめ)副園長は「実際に羊の毛を触ると、どれだけ暑い思いをしていたか分かるはず。知識だけでなく、見て触って体得することを大切にしたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月25日金曜日


先頭に戻る