宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに6−4 梨田監督800勝

ソフトバンク戦で通算800勝目を挙げた楽天の梨田監督=ヤフオクドーム

 ソフトバンク−東北楽天10回戦(ソフトバンク6勝4敗、18時、ヤフオクドーム、36,011人)
東北楽天  302000100=6
ソフトバンク100020001=4
(勝)辛島8試合3勝3敗
(S)ハーマン17試合1勝1敗3S
(敗)東浜8試合1勝5敗
(本)ペゲーロ11号(2)(東浜)=3回、藤田1号(1)(二保)=7回、デスパイネ11号(1)(ハーマン)=9回

 東北楽天は序盤に主導権を握って2連勝。一回1死一、二塁からペゲーロの2点二塁打、ディクソンの来日初安打となる右前適時打で計3点を先取した。三回はペゲーロの2ラン、七回は藤田のソロで加点した。
 先発辛島は5回3失点で3勝目を挙げた。六回以降は4投手が継投し、九回を1失点で切り抜けたハーマンが3セーブ目。
 ソフトバンクは3連敗で貯金がなくなった。

◎梨田監督800勝

 東北楽天の梨田昌孝監督は25日のソフトバンク10回戦(ヤフオクドーム)で勝利を収め、監督通算800勝を達成した。プロ野球16人目。近鉄で5年、日本ハムでの4年を含めて12年目で到達。通算成績は800勝763敗31分け。

☆梨田の話ダ

<みなさんに感謝>
 「(土がついたウイニングボールを受け取り)もう少しきれいだったら良かったのにね。でも、ありがたい。12年も監督をやらせてもらっている。チャンスをいただいての800勝。みなさんに感謝したい」(指揮した3球団で通算800勝となったことに)

☆イヌワシろっかーるーむ

<池田隆英投手(七回に初めて救援登板し、三者凡退に抑える)>
 「マウンドに立って『1イニングでいいのか』という気持ちだった。(先発した22日のオリックス戦で)119球を投げたが、問題はなかった」


2018年05月26日土曜日


先頭に戻る