宮城のニュース

<私の道しるべ>地域貢献 仲間と続ける

◎多賀城高1年 阿部花映さん(16)=宮城県七ケ浜町

 宮城県七ケ浜町向洋中を今春卒業した8人で、3月末に発足させた地域活動団体「きずなFプロジェクト」のリーダー2人のうちの1人です。母校に東日本大震災からの復興と地域活性化のためのボランティア組織「Fプロジェクト」があり、卒業後も関わりたいと集まりました。町内の「みんなの家 きずなハウス」が拠点です。
 向洋中のFプロジェクトの活動は海浜清掃や地域住民との交流会、語り部など。新団体では後輩を手伝うとともに、中学生の時にできなかったことに幅広く取り組んで地域を盛り上げていくつもりです。協議中ですが、町内の津波到達点を調べて避難経路の安全性を確かめたり、外国人向けに避難誘導表記を工夫したり。交流会で訪れた災害公営住宅に住む1人暮らしの高齢者の見守りもしたいです。
 これまでの活動で、七ケ浜をはじめ東北は心温かい人が多いと感じています。おいしい海産物もあります。復興は道半ばですが、訪れたくなる東北になればいいなと思います。仲間と良さを伝えていきたいです。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月27日日曜日


先頭に戻る