宮城のニュース

松島の絶景がステージ 「松フェス」きょう本祭

伊東さんのステージを楽しむ来場者

 日本三景の松島を背景にしたストリートライブ「松島パークフェスティバル」(実行委員会主催)の前夜祭が26日、松島町石田沢防災センターの特設会場であり、青空の下、ゲストらが熱い演奏を響かせた。本祭は27日、松島海岸エリア14会場で開催される。
 前夜祭には、ともにシンガー・ソングライターで仙台市在住の伊東洋平さん(元イケメンズ)、多賀城市のアサノタケフミさんらゲストと、昨年の高校生の部でチャンピオンに輝いたバンドなどが登場。町内外から約1000人が訪れ、リズムに乗ったり曲に聴き入ったりして楽しんだ。
 年4回開く「まつの市」(町地産地消実行委員会主催)も併催され、カキ飯やノリが主役の汁物など地場産品が販売された。
 本祭は午前10時半〜午後5時半。高校生23組を含む158組が参加し、ロックやポップス、ジャズ、和太鼓、マーチなど多彩なステージを繰り広げる。
 松フェスは4回目。地元住民らでつくる実行委の新田一修委員長は「松島の自然と歴史の空間がステージになる。まち歩きをしながら好きな音楽を探してほしい」と呼び掛ける。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月27日日曜日


先頭に戻る