宮城のニュース

<春季高校野球>宮城県大会 きょう決勝

 第6日は26日、楽天生命パーク宮城で準決勝2試合があり、東北が3年連続、古川学園が初の決勝に進み、東北大会出場を決めた。東北は3年連続29度目、古川学園は4年ぶり3度目の出場。
 東北は二回に2点先取すると、七、九回にも2点ずつ追加し、利府を6−1で退けた。古川学園は1−1の六回に一挙5点を奪い、八回にも4点追加して石巻に11−3でコールド勝ちした。
 最終日の27日は、楽天生命パークで東北大会出場の最後の1枠を懸けた3位決定戦と決勝がある。

 ▽準決勝
東北 6−1 利府

古川学園 11−3 石巻

(上が1塁側)

 ▽3位決定戦
利府 − 石巻 10時

 ▽決勝
東北 − 古川学園 13時


2018年05月27日日曜日


先頭に戻る