秋田のニュース

<日本海中部地震>遠足から帰る日今も待つ 発生から35年、男鹿で追悼

児童らが犠牲となった海岸で手を合わせる遺族ら=26日午後0時10分ごろ、秋田県男鹿市戸賀の加茂青砂海岸

 1983年に発生し、計104人が命を落とした日本海中部地震から、26日で35年となった。遠足で訪れていた旧合川南小(秋田県北秋田市)の児童13人が津波の犠牲になった男鹿市戸賀の加茂青砂海岸は、鎮魂の祈りに包まれた。
 「遠足で食べられなかった弁当、食べてね」「ビールもあるよ。もう大人だもんね」。遺族たちは幼い命が奪われた海岸に食べ物や飲み物を供え、手を合わせた。遠足から帰らなかった子どもの姿を探し、思い思いに声を掛けた。
 日本海中部地震では秋田県で83人、青森県で17人、北海道で4人が亡くなった。


関連ページ: 秋田 社会

2018年05月27日日曜日


先頭に戻る