宮城のニュース

<河北少年少女囲碁>150人 盤上で熱戦

知力を尽くして対局に挑む子どもたち

 第31回河北少年少女囲碁大会県大会(日本棋院、県囲碁連盟、河北新報社主催)が27日、仙台市青葉区の仙台本町囲碁倶楽部であった。
 幼稚園児から中学生までの少年少女150人がリーグ戦などで対局。選抜中学生の部は小野口力さん(仙台・仙台一中1年)が1位、三浦叡さん(同1年)が2位になった。
 小学生の部は小羽田洸洋君(仙台・上杉山通小5年)が1位、二階堂史晟君(岩沼・玉浦小6年)が2位だった。
 4人は7月31日〜8月1日に東京である全国大会に県代表として出場する。
 有段戦、級位戦の1位は次の通り。(敬称略)

 【有段戦】小野口真(仙台・国見小5年)
 【級位戦】(2)−1 高橋尚杜(仙台・八幡小6年)▽(2)−2 小沢智弥(同・大野田小4年)▽(2)−3 富永煌馬(同・宮教大付属中1年)▽(3) 豊田侑生(同・東二番丁小4年)▽(4) 田口真帆(同・宮城野小2年)▽(5) 早坂吉平(大衡村・みやの森幼稚園)


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月28日月曜日


先頭に戻る