宮城のニュース

<楽天>猛攻8得点 2番手青山が2勝目

 東北楽天は打線が12安打8点の猛攻で打ち勝った。3−3の七回、1死一、二塁から代打今江の2点三塁打、銀次の適時打で3点を勝ち越した。八回には田中が左越えに2試合連続本塁打となる2号2ランを放ち突き放した。
 先発塩見は5回3失点(自責点2)。2番手青山が1回無失点で2勝目を挙げた。
 ソフトバンクの先発武田は七回途中5失点で4敗目を喫した。

 ソフトバンク−東北楽天12回戦(ソフトバンク7勝5敗、13時、ヤフオクドーム、35,020人)

東北楽天  101001320=8
ソフトバンク100200010=4
(勝)青山11試合2勝
(敗)武田8試合2勝4敗
(本)デスパイネ12号(1)(塩見)=4回、松田10号(1)(塩見)=4回、田中2号(2)(椎野)=8回

☆イヌワシろっかーるーむ

<青山浩二投手(六回に2番手で登板し、1回2奪三振無失点の好投で2勝目)>
 「(長打力のある)怖い打者が続くので低めを意識した投球を心掛けた。チームの勝ちにつながる投球ができてうれしい」

<ペゲーロ外野手(一回に先制の適時二塁打)>
 「打ったのは直球。詰まったけど、いい所に飛んでくれたのは神様のおかげだよ」


2018年05月28日月曜日


先頭に戻る