宮城のニュース

<防潮堤施工ミス>気仙沼市など要望書提出へ 知事「必要ない作業」陳謝

 宮城県気仙沼市内湾地区の防潮堤の高さを県が誤って施工した問題を巡り、村井嘉浩知事は28日の定例記者会見で、市と市議会が近く県に対して要望書を提出する方針に関し、「本来やる必要が全くない作業であり、おわびしたい」と陳謝した。
 要望書は、造り直しを望む住民団体の意向を尊重するよう求める内容。村井知事は「(現状のまま設置する)方針は変えない。少しでも住民に理解される方法を考えるよう職員に指示した」との考えを重ねて示し、市側からの提出の連絡は「把握していない」と述べるにとどめた。
 県と人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」による観光キャンペーンについて、ガイドブックの配布に行列ができたり、PR動画の視聴回数が160万回を超えたりしたことを自ら取り上げ、「これまでにない手応えだ」と強調した。
 インターネット上でガイドブックが転売されている事態に対しては「部数はたくさんある。東京、大阪、県内で無料配布している」と呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年05月29日火曜日


先頭に戻る