宮城のニュース

<多賀城コンビニ強盗未遂>刃物を突き付け「金出せ」と脅迫

県警が公開した容疑者の写真。ピンク色の長袖ワイシャツと黒色ズボンを身に着けている

 28日午前2時45分ごろ、宮城県多賀城市八幡4丁目のコンビニエンスストア「セブン−イレブン多賀城八幡4丁目店」に男が押し入り、アルバイト店員の20代男性に小刀のような物を突き付け、「金を出せ」と脅した。
 店員は応じず、男は何も取らずに、店舗南側の県道を東方向に走って逃げた。店員や客にけがはなかった。塩釜署が強盗未遂事件として調べている。
 男は身長約165センチ、20〜30代ぐらい。ピンク色の長袖ワイシャツと黒色のズボンを身に着けていた。
 現場は国道45号に近く、ホテルや店舗などの商業施設と住宅が立ち並ぶ地域。コンビニ前の県道は交通量が多く、付近の住民は「こんな所で強盗事件が起きるなんて」と驚いていた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月29日火曜日


先頭に戻る