宮城のニュース

<ざおうハーブ>4万株のカモミール 白い花輝く

蔵王連峰を望む丘で白い花が咲きそろったカモミール畑

 宮城県蔵王町矢附のハーブ農園「ざおうハーブ」が手掛ける約1.5ヘクタール、4万株のカモミール畑が見頃を迎えた。畑は高台にあり、蔵王連峰を眺めながらカモミールの摘み取りが楽しめる。見頃は6月上旬まで。
 畑は7年ほど前に植栽を始め、徐々に面積を広げてきた。主にジャーマンカモミールで、甘い香りがする白い花はハーブティーにして味わえるという。農園を経営する平間拓也さん(39)は「蔵王ならではの景色の中でハーブに親しんでほしい」と話す。
 営業時間は午前9時〜午後5時。摘み取り体験は1人1000円。直売所「わいわいハウス」では、約100種類のハーブ苗を扱っている。連絡先は0224(29)3570。


関連ページ: 宮城 社会

2018年05月30日水曜日


先頭に戻る