宮城のニュース

<バド国別対抗>37年ぶりV 主将の高橋礼華「2連覇、3連覇を」

ユーバー杯優勝のメダルとカップを掲げる高橋礼(右)と松友

 バドミントンの国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯で37年ぶりの頂点に立った日本代表が28日、成田空港に帰国し、主将の高橋礼華(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)は「この1回で満足せず、2連覇、3連覇と続けていけば本当に強いチームジャパンになる」と意欲をにじませた。
 シングルスで1次リーグから負けなしの活躍を見せた奥原希望(日本ユニシス)は「チームの層が厚く、みんなを信頼して、自分のプレーに集中できた」と語り、山口茜(再春館製薬所)は地元タイに勝った26日の決勝について「自分から向かっていくプレーをしようと思った。プレッシャーは感じなかった」と笑顔で振り返った。
 男子トマス杯で準優勝した日本のメンバーも帰国し、中国との決勝でリオデジャネイロ五輪王者の〓竜を倒すなど奮闘した桃田賢斗(NTT東日本、福島・富岡高出)は「次はもっと研究されて厳しい戦いになる。自信にはなったが、気を引き締めて頑張りたい」と謙虚に語った。

(注)〓は言偏に甚

<松友「いろいろな経験ができた」>
 37年ぶりの優勝に貢献した26歳の松友(宮城・聖ウルスラ学院英智高出)は「自分が生まれる前からある長い歴史の中で、優勝メンバーとしていられたのは光栄」としみじみと語った。
 3連覇中の中国が準決勝で敗退。「できれば中国に勝って優勝したかった」と本音を漏らす一方で「地元のタイの力も感じた。いろいろな経験ができた」と振り返った。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年05月29日火曜日


先頭に戻る