青森のニュース

さよなら青食センター 青森の食支え64年、厚い人情惜しむ 入居店舗はほとんどが廃業見通し

5月末で閉鎖される青食センター
60年近く営業を続ける浜名商店
青食センターの前身となる古川大衆魚菜市場=1954年(青森生鮮食品センター提供)

 青森市古川地区の一角にあり鮮魚店や青果店などが立ち並ぶ「青森生鮮食品センター」が今月末、64年の歴史に幕を下ろす。地権者が土地を売却し、建物が取り壊されることが決まったためだ。入居店舗のほとんどが廃業するという。愛称「青食(あおしょく)センター」の閉店の知らせに、常連客らから惜しむ声が相次いでいる。

 同センターは1954年に開設された古川大衆魚菜市場が前身で、69年に名称を変更した。古川地区は、戦後に出現した闇市が50年代に衰退し商店街や市場に変わっていった地域。JR青森駅近隣で国道7号沿いということもあり「古川の市場は品物が良い」「バス賃をかけても」という買い物客でにぎわった。
 センター最盛期の70〜80年代は鮮魚店を中心に100店舗近くが営業。名物「のっけ丼」で知られる青森魚菜センター(営業中)と隣接し、共ににぎわいを見せた。
 しかし、平成に入るとスーパーマーケットの台頭で徐々に客足が減少。後継者不足もあり、現在営業する11店舗の店主らのほとんどが75歳以上の高齢者だ。
 青食センターで鮮魚店「浜名商店」を営む浜名きそさん(79)は、昨年83歳で亡くなった夫の進さんと共に、59年に営業を始めた。同センターで一番の古株だ。今も1人で店に立ち、毎日10〜15種類の鮮魚と煮付け用の切り身を販売する。
 客の要望に合わせて煮付け用の切り身の下味を変えたり、常連が好みそうな魚が入ったときは連絡を入れたりするという。「どのお客さんがどんな味付けが好きなのか覚えている」と浜名さん。客を第一に考え60年にわたり店を営んできた。
 来店した客との何げない会話も大切な思い出だ。浜名さんは「お客との会話ができなくなるのは少し寂しい」と語る。同センターの閉鎖を悲しみつつも、高齢の浜名さんにとって一つの良い区切りになった。
 慣れ親しんだ店が無くなることを悲しむ常連客は多い。30代の頃から通う横山悦子さん(89)は「ここに来ればおいしい食材が手に入る。無くなるのは残念」と肩を落とす。「これからはどこで買い物をすればいいのだろうか」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2018年05月29日火曜日


先頭に戻る