岩手のニュース

<ど根性ポプラ>被災跡地が憩いの場に 津波耐えたポプラの木を中心に広場完成

津波に耐えたポプラの周辺にできた緑地広場

 東日本大震災の津波に耐えた岩手県大船渡市三陸町越喜来地区のポプラの木周辺に緑地広場が整備されて27日、完成式典があった。「ど根性ポプラ」と呼ばれて地元住民を励ましてきた巨木を中心に、被災跡地が憩いの場に生まれ変わった。
 広場は約2400平方メートル。樹齢約80年、高さ約25メートルのポプラを囲むように市があずまややベンチを整備。総事業費約5600万円は復興交付金を活用した。地元住民でつくる協議会が管理する。
 震災前は越喜来地区の中心部だったが、住宅などが高台移転した。住民同士で話し合いを重ね、一部を市内外の人々が集える広場とするよう市に提言した。
 式典後、まちづくり委員会代表の片山和一良(わいちりょう)さん(67)は「地域に人を呼び込むきっかけにしたい。震災直後よりポプラも元気になってきたようだ。自分たちも頑張るのでもう少し長生きしてほしい」と語った。


関連ページ: 岩手 社会

2018年05月29日火曜日


先頭に戻る