宮城のニュース

<楽天>交流戦初戦に大敗 4番手池田が大量失点

 東北楽天は交流戦初戦に大敗した。
 先発古川は三回に大和の犠飛で先制を許すと、1−1の四回にも宮崎の適時二塁打と高城の犠飛で2点勝ち越された。古川は5回3失点で今季初黒星。打線は四回に古川のプロ初適時打で一時同点に。1−3の八回にも田中の適時打で1点差としたが、4番手池田が大量失点した。
 DeNAは先発ウィーランドが八回途中2失点で2勝目を挙げた。

 DeNA−東北楽天1回戦(DeNA1勝、18時、横浜、28、114人)
東北楽天000100010=2
DeNA00120006×=9
(勝)ウィーランド5試合2勝2敗
(敗)古川1試合1敗
(本)梶谷6号(3)(池田)=8回

☆梨田の話ダ
<風を読めなかった>
 「筒香の当たりは風に乗ったのかな。アウトだと思ったんだけど、二塁打になっちゃった。(その後空いた塁を埋めるために)二つ申告敬遠したが、2人ともかえってきてしまった」(八回1死から筒香の二塁打に始まってピンチを招き、続く敬遠策が裏目に出て大量失点した展開に)

☆イヌワシろっかーるーむ
<田中和基外野手(八回、3戦連続の得点打となる適時打)>
 「とにかく1日1本は打とうと必死だった。いつ2軍に落とされるかもしれない立場なので」
 佐藤義則投手コーチ(今季初先発で負け投手となった古川に)「球に勢いはあったが、高めが多い。5回3失点は本当は駄目だけど、仕事はした」


2018年05月30日水曜日


先頭に戻る