福島のニュース

<帰還困難区域>福島・双葉町村会「全域除染を」 環境相などに要望

 東京電力福島第1原発事故で被災した福島県の双葉地方町村会は29日、関係省庁を訪問、帰還困難区域の除染や除染廃棄物の最終処分場の整備などを要望した。除染廃棄物は中間貯蔵施設(福島県大熊町、双葉町)で保管した後、県外で処分される計画になっている。
 政府は帰還困難区域の一部を「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)として除染などを進め、住民帰還を目指している。拠点外は除染の方針が示されておらず、避難指示解除の見通しは立っていない。町村会会長の松本幸英楢葉町長は環境省で、中川雅治環境相に要望書を手渡し、帰還困難区域の「全域除染」を求めた。中川氏は「まずは復興拠点内の事業に注力する」と応じた。
 松本町長らは経済産業省も訪れ、福島県沿岸部に第1原発の廃炉作業やロボット研究などの拠点をつくる「イノベーション・コースト構想」の実現などを要望した。


2018年05月30日水曜日


先頭に戻る