宮城のニュース

<いちおし土産>人気のサクサク食感

食感が自慢の餅のおまつり

◎餅のおまつり/もち吉 仙台荒井店(仙台市若林区)

 ふっくらと厚みのある煎餅をかむと、サクサクと心地よい食感が伝わる。米菓製造・販売「もち吉」(福岡県直方(のおがた)市)の仙台荒井店に並ぶ看板商品「餅のおまつり」。サラダ味やしょうゆ味があり、子どもから高齢者まで幅広い年代に人気だ。
 福岡県内の工場で一括して製造し、各地の店舗で直販する。国内産のコシヒカリと適度なミネラルを含む地下水を使用。もち米をせいろで蒸した後、丁寧に焼き上げる。
 仙台荒井店は今年4月にオープンした。県内初となる店舗で、約200種類の商品をそろえている。「餅のおまつり」の他には「餅のおまつりこまち」のコーンポタージュ味、コメのチップス「こりゃいける」のごぼう味なども好評だ。
 販売を担当する高橋佐智乃さん(40)は「荒井店の周辺は新しく、活気がある。地域のにぎわいづくりに少しでも貢献したい」と話す。

<メモ>餅のおまつりは、サラダ味としょうゆ味計30枚が入った小缶(1296円)や45枚入りの大缶(1944円)のほか、詰め替えパックなどもある。仙台荒井店の営業は午前10時〜午後7時。元日定休。連絡先は022(369)3718。


関連ページ: 宮城 経済

2018年05月31日木曜日


先頭に戻る