宮城のニュース

緑のカーテン大きく育って 大崎市役所で園児ら植栽

プランターに苗を植える園児

 大崎市役所で31日、公共施設の夏の冷房費節減のためのグリーンカーテン作りが行われ、近くの純心幼稚園の園児61人が手伝った。
 用意されたのは、つるが外壁回りに伸びて日よけとなるアサガオとゴーヤーの苗。園児は職員らの指導を受けながら、苗を一つずつプランターに丁寧に植えていった。氏家茜音(あかね)ちゃん(5)は「植えるのが楽しかった。大きく育ってほしい」と笑顔を見せた。
 グリーンカーテン事業は2009年度から実施。本年度は市役所をはじめ、総合支所や学校、公民館など37施設に設置する。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月01日金曜日


先頭に戻る