宮城のニュース

<B2仙台>新監督に桶谷氏 大阪、岩手などで指揮

桶谷 大氏

 バスケットボール男子、B2仙台の新しい監督に、bjリーグ時代に2度のリーグ制覇を果たした桶谷大・前B1大阪監督(40)が就任することが30日、分かった。リーグ屈指の実績を持つ指導者の招請で、早期のB1復帰を目指す。
 桶谷氏は京都府出身。京都・朱雀高卒業後、米アリゾナ州立大に留学。コーチ技術を学んだ。帰国後の2005年にbj大分のアシスタントコーチ(AC)に就任。その後、監督となった。08年からbj琉球を率い堅守速攻をベースに08〜09年と11〜12年の2シーズン、リーグ頂点に立った。
 12〜15年はbj岩手で指揮を執り、3季ともプレーオフに進出。14〜15年シーズンはリーグ記録となる19連勝を達成。プレーオフ準決勝まで駒を進め総合4位となるなど、手腕を発揮した。15年からbj大阪の監督を務め、Bリーグ発足の昨季はB1西地区3位、今季は4位だった。
 仙台は今季1年でのB1復帰を目指し、女子のトヨタ自動車を率いて全日本総合選手権を制した後藤敏博氏に指揮を託した。しかし、成績が低迷したため今年1月に解任。高岡大輔ACを昇格させたが状態は上向かず、21勝39敗でB2東地区4位に終わった。


2018年05月31日木曜日


先頭に戻る