広域のニュース

<春季高校野球>東北大会組み合わせ決定 利府、初戦は弘前工と

 第65回春季東北地区高校野球大会の組み合わせ抽選会が30日、青森市内であり、出場18校(各県代表3校)の対戦相手が表の通り決まった。大会は6月7〜11日、青森市の市営球場などで行われる。
 春の宮城大会で2連覇した東北は、明桜(秋田)と磐城(福島)の勝者と対戦する。春の選抜大会で9年ぶりに8強入りを果たした花巻東(岩手)は山形城北と初戦でぶつかる。優勝候補の聖光学院(福島)は、利府(宮城)と弘前工(青森)の勝者と対戦。昨秋に続いて初出場となる由利工(秋田)は羽黒(山形)と当たる。
 開会式は7日午前9時から青森市営球場であり、八戸学院光星(青森)の長南佳洋主将(3年)が選手宣誓する。


2018年05月31日木曜日


先頭に戻る