宮城のニュース

泳げカツオのぼり 震災に打ち勝つその日まで

 ◇…21年連続でカツオの水揚げ日本一を誇る気仙沼漁港。魚市場近くで営業する「酒のサイシン」に、コイならぬ「カツオのぼり」が元気になびいている。
 ◇…もともと鹿児島県や高知県などカツオの産地で飾られていた縁起物。東日本大震災の支援に訪れた宮崎県日南市の職員に教えられ、本場から取り寄せた。
 ◇…「カツオ漁を終える秋まで揚げていたい」と店長の菊地幸広さん(65)。「勝つ魚」とも言われるカツオ。震災に打ち勝つまで、いつまでも気仙沼の空に。(気仙沼)


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月01日金曜日


先頭に戻る