宮城のニュース

<楽天>松井が力尽きサヨナラ負け 勝負を急いだチェンジアップが浮く

松井裕樹選手

 東北楽天は延長十回、2番手松井が力尽きた。2死から連打でサヨナラ負けを喫し「集中力を含め、実力不足」と潔かった。
 直球の威力が十分で2者連続三振を奪ったまでは良かった。桑原に二塁打を浴びて2死二塁。山下を2球で追い込みながら、勝負を急いだチェンジアップが浮いた。「ボールにしなければいけないところで高くいってしまった」と表情はさえない。
 開幕当初から精彩を欠く守護神は5月に入って復調の兆しが見えたが、4敗目となった。梨田監督は「球は良かったけど、2ストライクからの変化球がもったいなかった」と最後の失投を嘆いた。


2018年06月01日金曜日


先頭に戻る