秋田のニュース

パクチーは甘くなかった 輸送中にしおれ、独特の香り薄く…湯沢市の実証事業、作物の変更模索

温泉水を利用して育てたパクチー。首都圏への販売に苦戦している

 タイ、ベトナム料理などで近年人気の香草パクチーを温泉を利用して通年栽培し、首都圏に出荷する秋田県湯沢市の実証事業が芳しくない。長距離輸送中に鮮度が落ち、「企業版ふるさと納税」による事業への寄付金も昨年度はゼロと期待外れ。関係者はサンチュなどへの作目変更を模索している。

 実証事業は2016年度から3年間、高収益が見込めるパクチーを栽培する取り組み。同市皆瀬のビニールハウス1棟には近くの小安峡温泉の源泉が引いてあり、冬期間の暖房や水耕液の温度調整に用いる。事業費は3年間で約1800万円。
 実際に栽培を始めると、パクチーはハウス内の高い湿度に弱いことが判明。夏は約600キロ離れた東京への輸送中にしおれ、取引先から苦情が来た。
 愛好者に好まれる独特の芳香が、水耕栽培で薄くなるのも誤算だった。昨年度の出荷額は46万円にとどまった。
 企業版ふるさと納税は、自治体の地域活性化策に寄付した企業の税負担を軽くする制度。市出身の菅義偉官房長官が提唱した。市は3年間で計500万円を見込んだが、1年目は1社100万円のみで、2年目はゼロと低迷する。
 皆瀬地区のビニールハウスは豪雪地での通年栽培を狙い、1984年度に旧皆瀬村農協(現こまち農協)が20棟整備した。長らく名産だった三つ葉は市場価格が落ち込み、生産者の高齢化と後継者不足が課題となっていた。
 実証事業を受託する市の外郭団体「皆瀬村活性化センター」は本年度、市と協議してパクチーの植え付け量を約6分の1に減らし、飲食店の需要があるサンチュやレタスを増やした。
 栽培を担当する佐藤章さん(45)は「パクチーは栽培や輸送の管理が難しく、消費地に近い関東の生産地に対抗できない。サンチュなどを地元に出す方が現実的ではないか」と話す。


関連ページ: 秋田 社会

2018年06月01日金曜日


先頭に戻る