福島のニュース

宇宙から福島の子応援 宇宙飛行士の金井さん、小中学生と交信

宇宙ステーションに滞在中の金井さんがスクリーンに映し出され、子どもたちの質問に答えた=31日午後9時25分ごろ、福島市

 国際宇宙ステーションに長期滞在している宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と日本科学未来館(東京)との交信を生中継するパブリックビューイング(PV)が31日、福島市の三河台小であった。
 特別教室に高さ1メートル、幅2メートルほどのスクリーンやモニターが据えられ、県内の小中学生ら約100人が交信の様子を見守った。金井さんの姿が映し出されると、拍手をして喜んだ。
 福島の子どもたちが事前に用意した質問に、金井さんが回答する時間もあった。「宇宙で酸素はどう作るか」との疑問には「水を電気分解して作ります」と答えていた。
 イベントは東日本大震災で被災した福島の子どもたちを元気づけようと文部科学省などが企画した。メイン会場の科学未来館には福島県ふたば未来学園高(広野町)の卒業生も参加した。
 金井さんは日本時間3日午後9時40分、地球に帰還する予定。


関連ページ: 福島 社会

2018年06月01日金曜日


先頭に戻る