宮城のニュース

女性のスカート内をペン型カメラで盗撮した疑い 仙台高裁事務官を逮捕

 女性のスカート内を撮影したとして、仙台中央署は2日、宮城県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、仙台市太白区八木山東1丁目、仙台高裁事務官渡辺順容疑者(38)を逮捕した。
 逮捕容疑は1日午後6時10分ごろ、青葉区中央のJR仙台駅東西自由通路の出入り口エスカレーターで、前に立っていた青葉区の女性会社員(32)のスカート内をペン型カメラで撮影した疑い。
 同署によると、女性が盗撮されているのに気付いて声を上げ、周囲の通行人らが逃げた渡辺容疑者を取り押さえて110番した。
 仙台高裁の宮田祥次事務局長は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。捜査機関の捜査結果を踏まえ、さらに事実関係を調査した上で厳正に対処したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月02日土曜日


先頭に戻る