宮城のニュース

<ベガルタ>ルヴァン杯 きょうアウェー湘南戦

 J1仙台は2日、YBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)プレーオフ第1戦の湘南戦(19時・ShonanBMWスタジアム平塚)に臨む。9日のユアスタ仙台での第2戦と合計して勝敗や得失点差などで上回れば、2年連続の準々決勝進出が決まる。
 1日は仙台市の紫山サッカー場で約1時間半、調整。ピッチの範囲を狭めての紅白戦では先発が濃厚なDF常田が3バックの一角に入り、守備だけでなく積極的な攻撃参加を見せた。FW阿部やMF野津田らも攻撃にリズムをつくった。
 湘南は1次リーグ3位で臨んだ最終戦で2位だった長崎を2−0で破って逆転で2位突破を決めた。仙台と同様に主力主体のメンバーで臨む可能性があり、リーグ戦で3位の走行距離を誇る豊富な運動量で攻守とも粘り強い。
 仙台は1次リーグを3勝2分け1敗の勝ち点11で1位通過した。渡辺監督は「昨年に初めて準決勝進出した経験値は大きいと思う。2試合のトータルで勝てば問題ない」と話した。


2018年06月02日土曜日


先頭に戻る