宮城のニュース

<楽天>田中4号、守りでもビッグプレー

東北楽天―ヤクルト 8回東北楽天無死、田中が左越えソロを放つ=楽天生命パーク宮城

 田中が終盤、攻守に気を吐いた。打っては1−5の八回、2試合連続となる4号ソロを放った。右横手の秋吉に対し、左打席で1ストライクから内角低めの変化球をフルスイング。打球は逆方向の左翼席に放物線を描いた。「ちょっとこすった形になったが、打った瞬間に入ると思った」と振り返った。
 直後の九回1死からは守備で今季初登板の森を支えた。谷内が放った中堅フェンス際への大飛球を背走しながらジャンピングキャッチ。すぐさま返球し、飛び出していた一走坂口も一塁でアウトにした。
 梨田監督が「ビッグプレー」と称賛した好守に、田中は「打撃で結果が出たから、守りも余裕を持ってできた」と話した。


2018年06月02日土曜日


先頭に戻る