宮城のニュース

「君の名は。」絵コンテも 仙台で「新海誠展」開幕

「君の名は。」のポスターや原画を眺める来場者

 2016年公開の映画「君の名は。」の大ヒットで知られるアニメーション監督新海誠さん(45)の作品展覧会「新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」(河北新報社、東日本放送、東北福祉大など主催)が2日、仙台市宮城野区の「TFUギャラリーMini Mori」で始まった。
 02年のデビュー以降の6作品の企画書や原画、絵コンテなど約650点を展示。「君の名は。」では大型のポスターや冒頭シーンの絵コンテ、作品に登場する組みひもが紹介されている。主人公・立花瀧役の声優を務めた俳優神木隆之介さんの音声ガイドも好評だった。
 福島市の会社員阿久津修さん(31)は「映画館で見た『君の名は。』の場面を思い返しながら展示作品を眺めた。他の作品も見てみたくなった」と話した。
 7月8日まで。開館は午前10時〜午後6時。観覧料は一般1200円、高校・大学生1000円、小中学生500円。未就学児は無料。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月03日日曜日


先頭に戻る