宮城のニュース

<楽天>久米島協力会が陣中見舞い 梨田監督に地元特産品

 東北楽天が春季キャンプを行っている沖縄県久米島町の支援組織「東北楽天ゴールデンイーグルス久米島協力会」の会員約40人が2日、陣中見舞いに楽天生命パーク宮城(仙台市)を訪れた。
 会長の大田治雄久米島町長は、梨田昌孝監督に泡盛や海ぶどうなどの地元特産品を贈り、「なかなかチームの調子は上がっていないようだが、これから連勝していってほしい」と激励。梨田監督は「頂き物を食べたり飲んだりすることで力が得られる」と感謝した。


2018年06月03日日曜日


先頭に戻る