岩手のニュース

盛岡農高とローソンがコラボ パン「山ぶどう」店頭販売促進

ローソンと共同開発したパンをPRする盛岡農高の生徒たち

 盛岡農高(盛岡市)とローソン(東京)が岩手県産の食材を使って共同開発した「山ぶどう&ホイップメロンパン」の販売が1日、東北6県のローソン全1109店で始まった。30日まで約10万個の限定販売。
 盛岡農高の校章にデザインされたカシワの葉の形をしたパンは県産小麦「ゆきちから」を使用。久慈市特産の山ブドウのジャムと、県産牛乳を使ったホイップクリームを挟んだ。製パン業の白石食品工業(盛岡市)が製造する。1個150円。
 地元食材をPRしようと食品科学科の生徒125人がアイデアを出し、パン研究班の生徒たちが原料の選定や試食、パッケージデザインに取り組んだ。
 2年の花輪優希さん(16)は「魅力ある商品作りの難しさを感じた。岩手の食材の豊かさを広めたい」と話す。


関連ページ: 岩手 経済

2018年06月03日日曜日


先頭に戻る