秋田のニュース

フリースクール開設へ連携協定 秋田市とNPO

フリースクール事業実施に向け、穂積志秋田市長(左)と連携協定を結んだ斎藤理事長代理

 生活困窮者への食料提供などに取り組む秋田市のNPO法人「秋田たすけあいネットあゆむ」(保坂ひろみ代表)は、開設を目指しているフリースクールの事業の実施に向けて市と連携協定を結んだ。
 地域社会の課題解決に取り組む市民団体を応援する市の「協働サポート交付金事業」の一つに「あゆむ」が選ばれたことを受けた協定。市役所で5月31日にあった締結式で、斎藤美樹理事長代理は「市と連携し、少しでも子どもたちの力になりたい」と述べた。
 あゆむは今後、「平日学べる居場所づくり」をテーマに、フリースクール事業を本格始動させる。不登校の子どもらに学習や農業体験の場を提供する。
 市との協定は本年度末まで。交付金約85万円は人件費や教材費などに充てるという。


関連ページ: 秋田 社会

2018年06月03日日曜日


先頭に戻る