宮城のニュース

<仙台満店>変幻自在ミネラル豊富

「ほや刺」(手前の皿、734円)は身の他にへそ、肝、くちばし(角の内側の部分)など部位別の食べ比べが楽しい。さくっと揚がった唐揚げ(奥、734円)はスパイシーな衣がホヤの風味を引き立てる
店は、韓国の輸入禁止で大量廃棄となるホヤを少しでも救いたいという松野さんらの熱意から誕生。思いに共感した客が全国各地からも訪れる
初めての人、苦手な人も口にできるよう風味の強さを「ホヤ度」5段階で表示している「ホヤ度表」

◎ホヤ/まぼ屋(青葉区)

 6月のテーマは、今がまさに旬のホヤ。自称「ホヤラー」を名乗るほどホヤ好きな私は、昨年7月、JR仙台駅前に開店したホヤ料理専門店「まぼ屋」を紹介します。
 店で提供するホヤ料理の数は約40種類。刺し身や珍味などの定番から、グラタン、唐揚げ、パスタ、ピザなどのアレンジ料理までがそろい、ホヤがこれほど変幻自在な食材だったとは、と驚かされます。
 店を運営する「飛梅」社長の松野水緒さん(38)は「手を加えるほど食べやすくなる。ひと手間かければどんな料理にでも合わせることができる面白い食材」と話します。
 とはいえ、好き嫌いが極端に分かれる食材でもあるだけに、専門で取り扱うことに最初は周囲の反対もあったそう。しかし、「カキやウニほど広い人気が無くても、熱烈なホヤ好きはいる」という見込みはズバリ的中。1年足らずで週末は予約必須の人気店になりました。
 近頃は美容や健康に良いミネラルを豊富に含む点にも注目が集まっており、女性のホヤ好きが増えています。「今後ホヤを使った総菜の販売も企画中。酒のつまみとしてだけでなく、家庭の食卓にホヤ料理が上がることを当たり前にして、消費量アップに貢献したい」と松野さん。
 店ではもちろん一年中ホヤ料理が楽しめます。また食べたことがない方も、この店で初ホヤ体験すればホヤラーになること請け合いですよ。(陽)

[メモ] 仙台市青葉区中央1の6の39菊水ビル仙台駅前館3階▽午後5時〜午前0時(ラストオーダー午後11時)、月曜定休▽35席。個室(10人まで)有り▽ホヤでゆで卵を包み味付けした「ほやほやほや玉子」(518円)や「ほやユッケ丼」(518円)なども人気。地酒は宮城県を中心に東北各地の銘柄が20〜25種類▽022(796)6226。


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2018年06月04日月曜日


先頭に戻る