宮城のニュース

刃物持った男が女性の現金奪う 仙台

 3日午前2時45分ごろ、仙台市若林区六丁の目元町の市道で、歩いて帰宅途中の同区の会社員女性(20)が男に現金2万1000円を奪われた。女性にけがはなかった。仙台南署が強盗事件として男の行方を追っている。
 同署によると、男は女性に刃物を突き付け、口を手でふさいで転倒させて「金出せ、金出せ」と脅した。女性が現金を差し出すと走って逃げたという。男は20歳前後で、身長約165センチの小太り。黒色の帽子に上下とも黒い服装だったという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月04日月曜日


先頭に戻る