宮城のニュース

障害ある人ない人 心の壁を演奏で超える とっておきの音楽祭 仙台

振り付けを交えて合唱を披露する参加者

 街をステージに障害のある人もない人も音楽を楽しむ「とっておきの音楽祭2018」(実行委員会主催)が3日、仙台市であった。青葉区の市民広場や商店街のアーケードなど33カ所で県内外の332団体が演奏を披露し、それぞれの個性を輝かせた。
 約2500人が参加。ダンスや合唱、楽器演奏で観客と一体になった。打楽器を持ち寄って輪になり、即興でアンサンブルを奏でる参加型イベントもあった。
 福島市の障害者就労支援作業施設「アートさをり」に通う熊坂珠希さん(34)はスタッフと合唱した。熊坂さんは「聴いてくれた人が手拍子をしてくれて仲間になれた」と話した。
 音楽祭は2001年に始まり、18回目。仙台を発祥に全国各地で同名のイベントが開かれるようになり、2日には18市の団体で構成する全国ネットワークが発足した。情報発信を一本化、運営を支援し合う。
 代表に就いた仙台市のNPO法人「とっておきの音楽祭」の菊地昭典理事長(70)は「全国の同志と音楽表現を通じて障害や性別、国を超えた空間を創り出していきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月04日月曜日


先頭に戻る