宮城のニュース

気仙沼「海の市」でフェス 郷土芸能や海の味覚 観光客にPR

多くの観光客でにぎわった祭り会場

 気仙沼市の郷土芸能や海の味覚を県内外の観光客に楽しんでもらう「気仙沼観光フェスティバル」が5月27日、同市魚市場前の「海の市」を主会場にあった。
 同市の観光振興を担う官民組織「気仙沼観光推進機構」が設立1周年を記念して開催。仙台市や岩手、秋田県などから多くの観光客が訪れた。
 飲食店や菓子店が海鮮の浜焼きや名菓を販売。特設ステージでは各地の大漁唄込(うたいこみ)保存会がうたい込みを披露し、市出身のシンガー・ソングライター熊谷育美さんがミニライブで盛り上げた。
 日本有数のツツジの名所として知られる徳仙丈山(711メートル)では登山者限定の抽選券が配られた。登山帰りに海の市に立ち寄った陸前高田市の主婦菊地陽子さん(50)は「抽選券がもらえたので帰るついでに寄ってみた。にぎわいがあって楽しめる」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月05日火曜日


先頭に戻る