宮城のニュース

<貞山運河>御舟入堀 理解深める 利活用へ船上視察

江戸時代の舟運の様子を描いた壁画を見ながら堀の利活用を考えた参加者

 江戸期から明治にかけて物資を運ぶ大動脈だった貞山運河の一つ「御舟入堀(おふねいりぼり)」の利活用を図る視察会が2日、現地であった。参加者は塩釜市のマリーナを小型船で出発して約3キロのコースを往復し、東日本大震災の傷跡や今後の改善点などを見て回った。
 日本マリン事業協会東北支部が主催し、県、塩釜市、多賀城市、七ケ浜町、経済団体などから85人が参加。小型船やカヌーに分乗して、護岸の復旧工事や新しい防潮壁、放置艇や水質環境などを確認した。
 多賀城市大代の中峰橋近くにある舟運の壁画を見て「知らなかった。もったいない」と話す参加者がいたほか、「思ったよりきれい」「震災前と比べてコンクリートの景観は温かみに欠ける」との感想が聞かれた。
 視察会は県などが10月に仙台市で開く「全国運河サミットinみやぎ」を盛り上げる目的。協会東北支部の鈴木雅博・南分会長は「水の上で遊ぶ人を増やしたい。遊びながら歴史を学び、理解を深め、郷土愛につながればいい」と話した。
 御舟入堀は塩釜港(塩釜市)と七北田川河口の蒲生(仙台市宮城野区)を結ぶ全長約7キロ。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年06月04日月曜日


先頭に戻る