宮城のニュース

特殊詐欺で405万円被害

 塩釜署は5日、塩釜市の無職女性(70)が特殊詐欺で現金405万円をだまし取られたと発表した。同署によると4月下旬、女性宅に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと書かれたはがきが届いた。女性がはがきにあった番号などに電話したところ、弁護士を名乗る男や債権者を名乗る男に「迷惑を掛けられた。100万円払ってくれ」などと言われ、5月17日までの間に現金計405万円を指示された住所に送付するなどした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月06日水曜日


先頭に戻る