福島のニュース

津波避難の手順確認 イオンモールいわき小名浜で訓練

館内に避難し、屋上に誘導される訓練参加者。館内のディスプレーも情報を伝える

 いわき市に15日開業する大型商業施設「イオンモールいわき小名浜」で5日、津波を想定した防災訓練があり、従業員らが避難誘導手順などを確認した。施設は東日本大震災の浸水域にあり、緊急時の防災拠点の役割が期待されている。
 訓練は大地震が起き、大津波警報が出た想定で実施。従業員ら約400人が参加し、来店客役や避難してきた観光客役を屋上に誘導した。警察や消防など関係機関も加わり、海上保安庁のヘリコプターで屋上から傷病者をつり上げ救助する訓練もあった。
 施設は市の津波避難ビルになる予定。1階は駐車場で、売り場は2階以上に配置。非常用電源、受水槽も備える。イオンモール(千葉市)は「来店客や地域住民に避難場所としての機能を有することを広く知っていただきたい」と説明した。


関連ページ: 福島 社会

2018年06月06日水曜日


先頭に戻る