宮城のニュース

<登米・母子焼死>父親に懲役19年 仙台地裁「落ち度のない妻と子焼死 結果は重大」

 宮城県登米市迫町佐沼の民家が昨年7月に放火で全焼し、焼け跡から母子3人の焼死体が見つかった事件で、現住建造物等放火罪に問われた父親の無職島谷嘉昭被告(41)の裁判員裁判で、仙台地裁は6日、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。
 加藤亮裁判長は「動機は判然としないが、家庭などへの不満を背景に突発的に及んだとみられ、思慮分別に欠けた犯行というほかない」と強調。「落ち度のない妻と子2人が焼死するなど結果は重大。十分に事実と向き合い反省しているとも言えない」と述べた。
 捜査段階で放火後にライターの油をまいたと供述した点は「燃焼力を高めたと認められ、火勢の強さから隣家への延焼の危険もあった」と指摘した。
 判決によると、被告は昨年7月4日未明、自宅2階の寝室の布団にライターで火を付けて全焼させた。焼け跡から妻美由さん(31)と長女真央ちゃん(3)、次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(1)=いずれも当時=の遺体が見つかった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月07日木曜日


先頭に戻る