宮城のニュース

<仙台28.9度>梅雨前に 暑さ遮る傘の花

太陽の光が降り注ぐ中、日傘を差して行き交う人たち=7日午前10時35分ごろ、仙台市青葉区一番町3丁目

 宮城県内は7日、高気圧に覆われて朝から気温がぐんぐん上昇した。各地で25度を超す夏日となり、仙台管区気象台は熱中症に注意するよう呼び掛けた。
 正午までの最高気温は仙台28.9度、蔵王29.6度、大衡29.5度、丸森29.4度、登米市米山29.3度など。
 仙台市青葉区の中心街では、市民が強い日差しを日傘で遮りながら歩いていた。
 8日は午前中晴れるが、昼すぎから気圧の谷の影響で曇り、雨の降る所がある見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年06月07日木曜日


先頭に戻る