岩手のニュース

<キリン×亀田製菓>スペイン野菜「パドロン」風味の柿の種 遠野産の素材使用、HUBで提供

遠野産のパドロンを使用した柿の種

 キリン(東京)と亀田製菓(新潟市)が、遠野市で生産されたスペイン野菜「パドロン」を使った「亀田の柿の種 パドロン風味」を共同開発した。全国展開の英国パブ「HUB」で9日から提供する。
 ナス科のパドロンはスペインの定番おつまみ。赤く熟したパドロンを粉末にし、柿の種に振り掛けた。柿の種の食感と同時にパドロン特有の程よい辛さとうま味が楽しめる。
 全国のHUB89店舗で、1袋(30グラム)250円で販売する。東北では仙台市内に3店舗がある。年間20万袋の提供を目指し、将来的に量販店などでの取り扱いも検討する。
 キリンは東日本大震災の復興支援のため、ビールの原料になるホップの栽培面積日本一を誇る遠野市の地域活性化に取り組んでおり、「遠野パドロンの知名度向上と生産拡大につなげたい」としている。


関連ページ: 岩手 経済

2018年06月07日木曜日


先頭に戻る