宮城のニュース

<春季東北高校野球>仙台育英、主将一人行進し優勝旗返還「情けなさや悔しさ」

 第65回春季東北地区高校野球は7日、青森市の市営球場と県総合運動公園野球場で開幕した。

 昨年優勝の仙台育英は阿部主将が一人で行進して優勝旗を返還した。阿部主将は「情けなさや悔しさを感じながら行進した。支えてくれた人たちに恩返しする気持ちで夏に臨みたい」と話した。
 仙台育英は元部員らの飲酒喫煙が判明し、昨年12月から6カ月間の対外試合禁止となっていた。処分は5日に解かれており、夏の宮城大会は出場できる。


2018年06月08日金曜日


先頭に戻る