秋田のニュース

<地上イージス>配備反対の署名7万人超集まる 国会に請願へ

 政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、候補地とされた秋田、山口両県の市民団体は8日、配備しないよう求める国会請願の実現に向け、国会議員に協力を要請する。秋田の団体が中心になり、2月から約7万8000人の反対署名を集めた。
 参加するのは秋田の「イージス・アショア配備問題を考える実行委員会」と山口県平和運動フォーラムなど5団体。参院議員会館(東京)で議員に要請するほか、防衛省にも要請文を出す。
 配備問題を考える実行委の桜田憂子委員長は「地域の声に耳を傾け、国会で議論してほしい」と話す。


関連ページ: 秋田 社会

2018年06月08日金曜日


先頭に戻る