広域のニュース

<春季東北高校野球>古川学園ミス響く 弘前東、打線つながり大勝

 第65回春季東北地区高校野球は7日、青森市の市営球場と県総合運動公園野球場で開幕し、1、2回戦計4試合があった。
 弘前東(青森第2)は古川学園(宮城第2)に8−1の七回コールド勝ちを収めた。

 ▽2回戦(青森市営)
古川学園(宮城)0000010 =1
 弘前東(青森)3030002x=8
        (七回コールドゲーム)

 【評】弘前東は打線がつながり大勝。一回2死満塁、須藤滉の右翼線三塁打で3点を先取。三回は相手守備の乱れに乗じるなどして3点を加えた。古川学園は5失策が響いた。

<古川学園、ミス相次ぎ自滅>
 「立ち上がりが全てだった」。古川学園の米倉監督はそう嘆く。ミスが相次ぎ、大量失点。宮城県大会は試合後半に強さを発揮して決勝まで進んだが、東北大会は粘りを見せる前に自滅してしまった。
 先発安藤は制球に苦しんだ。一回は3四球に1暴投が絡んで3点を失う。三回も味方のミスがあって追加点を奪われた。県大会は5試合で5失策だったチームが、この日だけで5失策では試合をつくれない。遊佐主将は「ミスが続いて浮足立っていた。何か流れを変えるようなことをしなければならなかった」。夏に向けて大きな課題を背負った。


2018年06月08日金曜日


先頭に戻る