広域のニュース

<春季東北高校野球>明桜が磐城に大勝 先制許すも着実に加点

 第65回春季東北地区高校野球は7日、青森市の市営球場と県総合運動公園野球場で開幕し、1、2回戦計4試合があった。明桜(秋田第3)は8−1の七回コールドで磐城(福島第3)を破った。

 ▽1回戦(青森県総合)
磐 城(福島)1000000=1
明 桜(秋田)401120×=8
      (七回コールドゲーム)

 【評】明桜が大勝した。0−1の一回、無死一、三塁から加藤洋の右前適時打、有木の2点本塁打などで4点を奪い、その後も小刻みに加点した。磐城は近藤の適時打で先制したが、二回以降は明桜投手陣を打ちあぐねた。

<有木、納得の大会第1号>
 明桜の有木が一回に大会第1号となる2点本塁打を放った。1点を勝ち越してなおも1死二塁の場面。5球目の直球を左翼席へ運び「自分らしい打撃。仲間がつくった流れに乗れて良かった」。納得の一振りだった。
 5月上旬の地区予選で左足に自打球を当てて負傷。県大会は代打に回っており、先発復帰していきなりの一発で初戦突破に貢献した。2回戦は宮城第1代表の東北と当たる。「狙い球を絞って勝利につながる打撃をする」と意気込んだ。


2018年06月08日金曜日


先頭に戻る