宮城のニュース

<楽天>広島に0−7 交流戦連勝逃す

 東北楽天は投打にいいところなく完敗、交流戦の連勝を逃した。
 先発辛島は一回1死二塁から丸の左翼線二塁打で先制されると、二回には会沢にソロを打たれた。三回に丸にソロを浴びた後、無死満塁とされて降板した。
 打線は一回、1死一、三塁の先制機を逃すと、三、五回の反撃機でも決め手を欠いて、無得点に終わった。
 広島は大瀬良が7回無失点でリーグトップの9勝目を挙げた。

 広島−東北楽天1回戦(広島1勝、18時、マツダスタジアム、31,273人)
東北楽天000000000=0
広島  11200003×=7
(勝)大瀬良11試合9勝2敗
(敗)辛島10試合3勝5敗
(本)会沢6号(1)(辛島)=2回、丸7号(1)(辛島)=3回

☆梨田の話ダ

<四球は出したが> 
 「先頭に四球を出しはしたが、何とかゼロで抑えたね」(五〜七回を無失点でしのいだ森を評して)

☆イヌワシろっかーるーむ

<森雄大投手(3番手で登板し、今季最長の3回を4安打無失点)>
 「まずはストライクゾーンに入るように強く意識して投げた。全体的にできは良かった。次もいい投球を見せたい」


2018年06月09日土曜日


先頭に戻る