宮城のニュース

<ベガルタ>奥埜、冷静に攻守担う

MF奥埜博亮

 奥埜が中盤で攻守を支える。大量得点が欠かせない厳しい状況にも「攻撃の意識を高く持たないといけないが、守備とのバランスを取ることも考えたい」と冷静。前線への攻撃参加を狙いつつ、積極的なボール奪取で相手をゴールに近づけない守備も忘れない。
 第1戦は相手の早い出足に苦しめられた。「球際の強さや走力で相手を上回れば勝利は近づく。1戦目の敗戦を覆すためにも、良い準備をして最高の状態で試合に臨む」と意欲を燃やす。ゴールラッシュと無失点。二つの目標に勇気を持って立ち向かう。


2018年06月09日土曜日


先頭に戻る